用語集word

過少資本税制ってどんな税制?

日本国内にある海外資本の子会社が親会社から資金調達をする場合には、親会社から出資してもらう場合と借入れする場合と二つの方法があります。

出資の場合は、子会社の利益を配当として親会社が取得した場合に配当は損金算入できないことになっています。
一方、借入の場合は、子会社からの利子は損金算入ができることになっています。従って、子会社は出資をしてもらっても課税所得が減らないことになります。
一方借入れの場合は、借入れを増やすことで課税所得が減ることになります。借入れすることによって、子会社の資本部分が、過大な借入れ(これを過小資本といいます)に形態を変えることで、日本国内での税負担を減らすことができます。

この租税回避を防止するために、親会社の資本持ち分の3倍を超える部分の金額に対する利子分の損金算入を認めないのがこの税制です。