用語集word

外国税額控除とは

納税管理人とは」の判定でどうしても二重課税が発生してしまう場合は、外国税額控除という方法で二重課税を排除します。

日本居住者である個人は、日本で全世界所得課税を受けるので、外国で課税を受けた所得についても日本で課税されます。
そこで、外国で支払った税金のうち、控除対象となるものは「外国の法令に基づき外国又はその地方公共団体により個人の所得を課税標準として課される税」です。
したがって、延滞税や加算税のような罰金的な税は含まれず、また、任意に納付や還付ができる外国所得税は租税回避防止の観点から外国税額控除の計算から除外されています。

所得税の額×国外所得総額/所得総額=控除限度

外国税額の為替換算について、利子、配当などの源泉所得税に関しては、その利子、配当の収入の時に使用したレートと同じで、申告納税にて納付した税額については、日本から送金して納付するものはその個人が外貨建て取引にて使用しているレート、又は送金した日のTTSを使用します。