用語集word

タックスヘイブン税制ってどんな税制?

タックスヘイブン税制とは、正式には外国子会社合算税制のことで、税率の低いタックスヘイブン(租税回避地)に設立された子会社に親会社にて得た利益の一部を移すことで、課税金額を低く抑えようとする行為に対して規制をかけるべく1978年に導入された税制のことです。

この税制は、不当に税金を低く申告した企業に対し、子会社に留保している所得を親会社で得た所得と合算することで正常な税金を取得することとしています。
実際は、非課税や低い税率に設定している特定の国や地域のペーパーカンパニーを設立して課税逃れをしていた企業や個人が世界各地で多数あり、最近では世界中の多くの企業や個人の情報が漏れたことで話題となっています。
この税制は、すべての非課税や低い税率に設定している特定の国や地域で得た所得を親会社に合算して課税することではなく、独立した企業として正規に生産や販売活動を行っている場合には、それぞれの国や地域の税制が適用されることになります。