コラムcolumn

PE(恒久的施設)について

国際税務に関する話の中でPEという用語が割りと頻繁に出てきます。このPEも国際税務における重要な用語です。
PEとはPermanent Establishmentの略で日本語では恒久的施設を意味します。恒久的施設は事業を行うための一定の施設等を指し、国際税務の課税要件として重要な要素となっています。なぜ重要かと言うと外国人・外国法人に対する課税を決める国際的な原則が「PEなければ課税なし」という考え方だからです。
そんなPEは国内法によって3種類に分類されています。それが支店PE、建設PE、代理人PEの3つです。支店PEは支店や工場など事業を行う一定の場所で、資産の保管のみの場所や事業の補助的活動に使う場所は除外されます。建設PEは1年を越えて行う建設や組み立てなどの労務の提供、又はその作業の為の場所です。代理人PEは外国人・外国法人の事業の為に契約を結ぶ権利のある者などが該当します。ただし、租税条約において国内法と異なるPEの取り決めがある場合は、租税条約が優先されます。