コラムcolumn

BVIについて

BVIとは、カリブ海の西インド諸島にある、イギリス領バージン諸島のことです。小さいものまで含めると約50の島があり、全人口が3万人弱の小さな国になります。昨今のネット関連事業の隆盛により、国際的規模で事業展開する企業・法人が爆発的に増えています。そのような企業・法人は、原則として世界中どこの国にでも籍を置くことができ、国際税務上、少しでも有利な国を探すわけです。BVIは、いわゆる「タックスヘイブン」として名前が知れ渡っており、企業・法人以外にも世界市場を相手にする個人投資家などが、BVIで法人格を取得することで節税対策等を行っています。当地のメリットとしては、法人の設立が世界中どこからでも簡単に行えることが挙げられます。日本のような複雑な設立手続きが要らず、役員と株主が同一でも良く、しかも一人から設立可能になっています。登録の際の個人情報などは一切公開されず、秘密保持も厳重に守られています。