コラムcolumn

輸入品に対しても付加価値税ってかかるの?還付はあるの?

国際税務上、大きな関心を集めるのが、「輸入品に対しても付加価値税はかかるのか」ということです。
結論からいうと、輸入品には付加価値税はかかりません。これは、「輸出品の原価は、税抜きの原価でなければならない」という「消費地課税の原則」あるいは「志向地主義」に基づくためです。
もし、輸入の際に付加価値税を支払ってしまった場合、支払の還付を請求することができます。これは輸入の際だけではなく、例えば出張で海外に行った場合などにも適用されます。ただし、還付申請手続きの方法は国によって異なり、複雑なので還付申請は専門の業者に任せるべきでしょう。
また、海外旅行で海外にいった場合も付加価値税が返ってくることがあります。購入金額が一定の基準額を超えれば、付加価値税の返還を受けることができます。その場合は、商品を購入した店でパスポートを提示し、免税手続き書類をもらい、その国の最終出国空港で払い戻し手続きを行いましょう。