コラムcolumn

経済のグローバル化によって必要とされる仕事

現代のように日本国内の市場だけでは利益を多く得ることが難しく、高い税率負担に悩む中では経済のグローバル化を避けることはできなくなってきています。そのため、マーケットの拡大を図るために海外との取引や海外進出を実行することを模索する企業が増えています。
国境を挟んだ国際取引に対して発生する課税は、日本で課税されるのかそれとも現地で課税されるのか、両方で課税されてしまった場合にはどうしたらよいのか等、様々な問題が出てきます。グローバルな世の中ですが、税法に関しては、税率や課税される利益の種類もその国や地域によって違っています。そういった国際税務関係の問題に対応するには高度な知識と判断能力が必要となってきます。もちろんある程度の言語能力も要求されます。
しかし、国際税務に対するコンサルタントになるには、なによりもまず、好奇心や向上心が強いことが一番大切です。また、論理的に物事を考えることができなくてはなりません。