コラムcolumn

海外の税法についての知識を身につけるために役立つ資格

国際税務では、日本の税法についての知識のみならず諸外国の税法についても詳細な知識が求められます。しかしながら、あらゆる国の税法について専門的な知識を身につけるのは現実的に難しいため、日本の企業が数多く進出しているアメリカの税法について学ぶのが効率的です。アメリカの税法に詳しくなれば、その他の国の制度や法律を学ぶときにも理解が早くなります。
アメリカで税理士業務を行うには、米国税理士(EA)か米国公認会計士(CPA)または弁護士のいずれかの資格が必要になります。このうち米国公認会計士は財務・会計分野でキャリアを築きたい人に人気のある資格で、大学生が就職活動のために取得することもあるほど人気のある資格です。大手の資格学校には、米国公認会計士講座が設けられており、国内の学校に通いながら勉強できるのが魅力です。米国公認会計士試験が財務や税務だけでなく、企業経営や内部統制など幅広い範囲を取り扱うのに対して、米国税理士試験はより税務分野に特化しています。そのため、国際税務の仕事に就いたときに実践的な知識を身に着けたいなら、米国税理士のほうを選ぶとよいでしょう。