コラムcolumn

海外の子会社は二重課税にならない

海外進出をする時には支店を準備するか子会社を設立するかの二択に分かれます。そして企業が海外進出をする際、必ず税金について考えなければなりません。国際税務について知らないで海外進出をすると、想定していた利益を得られない事もあります。
会社の支店を出す場合に注意しなければならないのは、海外と国内で納税が必要になるという事です。俗に二重課税と呼ばれるもので、利益を大きく下げる要因になる事もあります。日本と進出先の国で納税義務を課されるのだから当然です。二重課税を避けたい場合には、子会社を設立するのが効果的です。海外で設立された子会社は日本と全く関係ないので、海外だけで納税すればルールを守っている事になります。
二重課税を避けて節税したい場合には、子会社を設立すれば問題ありません。会社の設立手続きやスタッフや資源の移動には手間がありますが、その点は海外に支店を準備する時にも必要な事です。節税を観点に見据えた海外進出をする場合、最も標準的な手段になります。