コラムcolumn

国際税務の重要性が高まっている理由は?

近年は国際化が進み、海外企業と取引をする企業が増えてきました。海外企業と取引する以上、国際税務の知識は必要不可欠です。大企業ならば国際税務に明るい税理士を抱えていることは珍しくありませんが、中小企業ではそうも行きません。しかし、最近は大企業のみならず中小企業にも海外進出を進める企業が増えています。これは日本の少子高齢化に伴う国内需要の伸び悩み、今後も国内市場が縮小していくことへの懸念が背景として挙げられます。このような状況であるため現在、そして今後も国際税務の重要性は高いです。
また、国際税務と言うと企業の取引に求められる知識と思う方も多いかもしれません。しかし、2つ以上の国が関わる取引なら企業、個人に関わらず税務問題が発生する可能性があります。特に近年はインターネットの発達によって個人でも世界中を相手にビジネスが出来るようになりました。そのため個人であっても国際税務の問題に直面する可能性はあるのです。