コラムcolumn

国際税務の現状

経済社会がグローバル化していく中で、日本でも国際税務についての関心が高まってきています。それに伴い、大企業によく見られる、国際的租税回避スキームを利用し租税を回避しようとする動きが、中小企業や一般の富裕層にまで広がりつつあります。
このような国際的租税回避を防ぐために、税制を改正することでそれぞれのスキームを個別に規制させるような措置も行われているのです。しかし、それだけではまた新たな方法で租税回避が繰り返されたり、税制が複雑になってしまうことが考えられます。
日本で国際課税制度が作られたときは、現在問題となっている租税を回避する行為が広がることは想定されていませんでした。しかし、そのことを利用して基本的な考えを土台として国際課税制度を見直すことで、租税回避を解決することにつながる可能性も考えられます。
国際税務の今後の課題は、この問題を意識しながら、日本の国際課税制度について慎重に研究していくことなのです。