コラムcolumn

国際税務の意義

そもそも国際税務とは、これ自体に明確な定義はなく、一般的には国境を越えて取引を行い、これにより発生する所得等利益の課税主体に関し、国際間の税務問題を広く扱うことを指します。つまり、各国には租税権があり、それぞれに独自の税法を設ける中で、企業が国境を越えて取引する場合には、個別の国で所得等が発生する為、2か国以上で課税主体となり、何れの国で課税されるか又はそれぞれ別に課税されるのか、或いは2重課税などの起こり得る課税問題に対処することが、国際税務の大きな役割です。
そして、近年多岐に渡りグローバル化が進み、ビジネス・経済分野でのグローバル化も顕著な状況にあり、大手企業だけでなく中小企業の海外進出も珍しくはない時代に突入しています。その為、国際間の税務問題に対処する国際税務は、企業の国際取引とその利益を保護する観点から、これまで以上に理解を深める必要があり、グローバル化を図る企業の戦略的な経営上、必須の知識と言えます。