コラムcolumn

国際税務の仕事につくにはどうしたらいいの

国際税務の仕事のやりがいは、日本に進出する外国の企業の方に信頼をしてもらうことです。英語力を活かして将来は国際的な仕事に就きたいと考えているかたもいますよね。では、国際税務の仕事に就くためにはどうしたらいいのでしょうか。国際税務の仕事につく税理士には試験がありますので、まずは受験資格を確認しましょう。試験資格に必要なものは、日商簿記1級と全経簿記上級の合格者です。次に、税理士試験に合格するためには五科目の合格が必要になります。自分の生活に合わせてながら、興味のある科目を選んで受験しましょう。試験に合格をしてから税理士として登録されるには二年に実務経験が必要になります。国際税務の税理士の仕事は堅実で難しいイメージがありますが、将来国際関係の仕事に就きたいと考えている方には十分やりがいのある仕事です。日本で国際化が進み需要の高まっていく仕事ですので、国政税務に興味のある方は税理士として活動の幅を広げてみましょう。