コラムcolumn

国際税務とは何なのか、その概要の説明

国際税務とは、国内にとどまらず外国と取引をする場合、つまり、企業が国際取引をする上で、発生するであろう税務問題を取り扱うことを言います。
例えばその国際取引から生まれた利益はどちらの国で税が課されてしまうのか、あるいは両方の国から二重に課税されるのか、はたまた課税されたとき、法律に沿った上で最大利益を上げるには、どのように対応するべきか等、様々な問題に対する解決策を考えなくてはいけません。
そんな国際税務の重要性を見てみると、ビジネス、経済でのグローバル化は今や珍しい物ではなく、大企業は当然、中小企業でさえ取引がなされることはよく見かけられます。
そのため、以前と比べてより素早くより深い国際税務への理解が必須になっています。先に上げたような課税地の判断、二重課税をどう防ぐか、そして租税条約などより専門的な知識も必要です。以上の問題に的確に対処するには、企業は専門家と相談してグローバル戦略を構築しなければいけません。