コラムcolumn

国際税務とその重要性

国際税務とは国境を越えた税務問題のことを意味します。グローバル経済時代を迎えた現代では日本の企業が海外企業と取引することも珍しくなくなっています。こうした取引のことを国際取引といいます。これは大企業だけでなく中小企業においても行われています。国際取引で発生した利益に対してどのような課税がされるのか、片方の国だけで課税されるのか、両国において課税を受けるのか、このような問題を扱うのが国際税務です。この税務問題は非常に幅広く多岐にわたります。たとえば、個人の所得税や法人税から始まって、消費税や相続税などその範囲は広いです。そのため、各国では課税権の配分や二重課税などの対策のために、各国間で租税条約を結んでいます。しかし、このようなことを十分に理解していないと適切な対応ができません。海外進出をしていない企業も多くありますが、今後ますますグローバル化が進展しいく現代でこそしっかりと把握しておくべきテーマになります。