コラムcolumn

国際税務って何?

日本は年々少子化が進み、国内消費需要が減ってきています。そんな中で毎日のように、日本企業がアジアの各国へ進出するという報道を耳にします。中小企業も同じように、海外に支店を置いたり現地法人作るなどしながら積極的に国際化を目指しています。
税法の面で、国際税務を定義させるものははっきりとはありません。しかし、居住者と非居住者の区別、源泉地の判断、課税所得範囲などを考慮すると海外取引ならではの税務に関する理解をする必要があります。また、国ごとの租税条約が関わることにも注意しなければなりません。税務処理は国内と海外で二重に課税されるためどの国とどうやって事業を拡大していくのかによって変わるのです。
今後、経済はさらに国際化が進みます。それに伴って国際税務の知識は理解しておく必要性があるのです。課税制度は特に複雑なため、実際に海外子会社との取引をする中で、多額の追徴課税をされてしまったという企業がありました。