コラムcolumn

国外所得免除方式とは

国外所得免除方式とは、国外の子会社などに発生する所得(国外源泉所得)を現地の課税のみで完結させ、国内の本社などで発生する所得(国内源泉所得)を国外分と合算せずに課税する方式です。逆に国内国外問わず、全ての所得の申告が必要になるのが、全世界所得課税方式です。国外所得免除方式は全世界所得方式と違い、国外と国内の課税対象が明確に分かれているので、国際的な二重課税が排除されることになります。
かつての日本は全世界所得課税方式(外国税額控除で二重課税を抑制していました)でしたが、平成21年の税制改正により、海外子会社の配当金について、益金不算入制度が導入されました。これにより海外子会社のロイヤリティーや利子以外の配当金については、実質的に国外所得免除方式に移行したといえます。いずれにしろ国外所得免除方式は、これから海外に進出する日本企業にとって、常に頭に入れておかなくてはならない国際税務の概念といえます。