コラムcolumn

国内業務に必要な資格

国際税務に関する業務を行っているのは、税理士法人や個人の税理士事務所、そして会計事務所である場合がほとんどです。そのため、この分野で活躍するには、まず税理士事務所や会計事務所に勤務する必要があります。そのときに必要になるのが税理士資格または公認会計士資格です。日本では税務関連の仕事をするためには、税理士試験に合格するか、あるいは公認会計士試験に合格して税理士登録をする必要があります。現実的には、国際税務関係の仕事に就いている人のほとんどが日本の税理士資格を取得しています。したがって、まずは税理士資格の取得を目指すのがよいでしょう。税理士の資格を所持していなくても、税理士事務所などで働きながら試験合格を目指している人も多いです。税理士試験は科目別合格制度が採用されているため、働きながら勉強をするのに向いている試験だと言えるでしょう。試験科目は簿記論と財務諸表論が必修科目となっており、それ以外の税法科目は受験生が選択できるようになっています。国際税務では、海外に進出している国内企業が顧客となるため、法人税法を選択して理解を深めておくことが大切です。