コラムcolumn

受取配当益金不算入制度とは?

受取配当益金不算入制度をご存知ですか?国内の税務や会計制度および国際税務についてあまり詳しくないという方のために、簡単におさらいしておきましょう。受取配当益金不算入制度は法人税が二重課税されることを防ぐために作られた制度です。ある親会社が子会社の株式を100%保有しているとします。子会社の利益には法人税が課税され、課税後の利益が株主である親会社に対して配当金として支払われます。親会社は、子会社から受け取った配当金を「受取配当金」として会計処理します。この受取配当金に対して、また法人税が課税されてしまうと、2度も法人税が課税されることになってしまいます。このような二重課税を防止するために、受取配当益金不算入制度が設けられました。しかし、すべての受取配当金がこの制度の対象となっているわけではありません。短期保有株式の配当金には適用されないことになていますし、株式の保有割合によっては配当金の50%だけが益金不算入となる場合もあり、なかなか複雑です。