コラムcolumn

会計分野だけじゃない!?uscpaが活かせる場所!

uscpaの資格は、グローバル展開を目指している企業からは特に重宝されます。なぜならば、グローバル展開と国際税務は切っても切れない関係であり、uscpaはそのスペシャリストだからです。
uscpa取得によって活躍の場が無数に広がります。例えば、金融機関では、財務諸表の分析が求められるコーポレートファイナンスの分野や、内部監査の分野で活躍することができます。特に、外資系の企業はコーポレートガバナンスをより重視する傾向があるのでuscpaを強く求めています。また、コンサルティングファームでも活躍することができます。米国会計や税務、商法などの知識が求められる国際ビジネスコンサルティングの分野や、進む欧米型の会計システムの理解が求められる会計コンサルティングなどでこの資格が活きるでしょう。
これらはほんの一例に過ぎません。どの企業で働くのにもこの資格は大きな強みとなるでしょう。なぜならば、uscpaの資格を持っていることは「国際税務に精通している」という意味だけでなく、「国際的ビジネスパーソンとして活躍するために必要な知識が備わっている」ということを意味するからです。