コラムcolumn

フィリピンでの海外展開は二重課税を避けられる

日本の企業が海外で活動をする事があります。需要に応える事ができれば、海外での活動が大きな利益に結びつく事もあるからです。ただし日本と活動拠点に選ぶ他国に納税しなければならない可能性があります。その状態は二重課税と呼ばれるものです。
ですが二重課税が免除されるケースもあります。日本と租税条約を結んでいる国での経済的な活動は、片方の国だけに納税すれば許されるからです。所得税や法人税が下がれば、企業は多くの利益を得られるようになります。二重課税を防ぐ事は巡り巡って企業の成長を促すので、国際税務の知識は重要なのです。
数多の日本企業が進出しているフィリピンも、日本と租税条約を結んでいます。日本とフィリピンの租税条約の通称は日比租税条約です。日比租税条約を知らないで海外展開すると、スタッフの受け取る給与が減るのでストレスを与えてしまう事もあります。スタッフがストレスを抱えている状態は百害あって一利なしなので、フィリピン進出前に日比租税条約の恩恵を受けられるように準備すべきです。