コラムcolumn

グローバル化する世界経済で求められる「国際税務」の知識とは

世界でグローバル化が進んでいる今、それはビジネススタイルにも大きな影響を及ぼしています。大企業だけではなく、今や中小企業も海外進出や国境を越えたビジネスを広げているのです。その中で問題になってきたのが、税に対するトラブルでした。
国にはそれぞれ各自の税法があります。そのため国境を越えたビジネスをする上では、「利益に対する課税をどちらの国で行なうのか」や「二重課税になってはいないか」など、国際間での問題が生じる場合があります。このように国際間での税務問題を扱う分野を「国際税務」といいます。世界的なグローバル化の流れを受け、多くの企業が感心を寄せている分野と言えるでしょう。
そんな国際税務を考える上で、役立つのが税のスペシャリストである国税専門官の知識です。国税庁や税務署に勤務する公務員の彼らは、税務行政の現場で税の調査や指導を行っています。その国税専門官であった経験と知識を生かし、国際税務に関する分野で活躍する人が、多数存在しているのです。