コラムcolumn

そもそもタックスプランニングとは?

タックスプランニングとは企業の収益と将来の税金や社会保障費を想定しながら、合法的な節税対策を考えることです。個人でも収入が変われば税金や社会保障費が変化するのは同じなので、タックスプランニングを利用する可能性はあります。
主な目的は節税ですが、追徴課税や税務調査のリスクなど様々な税務上のリスクを低減する目的もあります。追徴課税のリスクとは税務署からの税務調査の結果、追徴課税を支払うリスクを指します。追徴課税を回避する為には適正な納税を証明する明確な証拠が必要ですが、その証拠となる資料の準備などをサポートするのもタックスプランニングの役割です。個人の場合は税務調査自体がストレスですし、企業でも税務署への対応は人的・時間的負担が大きいです。こうした負担を減らすために税務署との対応についてサポートするもの役割の1つとなります。
国際税務におけるタックスプランニングでも、その目的や役割は大きくは変わりません。ただし、国を越えての節税計画を考える訳ですから、求められる税制の知識も異なります。